ラベンダーと南仏プロヴァンス

ラベンダーなら何でも大好きな管理人が、南仏プロヴァンスへのラベンダー畑探しの旅のことから、お気に入りのラベンダーグッズまで、ラベンダーのすべてを紹介しています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

②ラベンダーとラバンディン 精油徹底比較




ラベンダーは生育場所の標高が高くなるほど
芳香も一段と良い上質の精油が採取できるといいます。

精油の効能が高いのも、この高所で育つ、
より原生に近いアングスティフォリア系ラベンダーの精油です。

標高800m以上にしか生育しない
真生ラベンダー、トゥルーラベンダー、イングリッシュラベンダーなどと呼ばれる
アングスティフォリア系ラベンダー
低地でも栽培できるように品種改良された
ラバンディン系では
その精油にどのくらいの違いがあるのか
徹底比較してみようと思います。


※さまざまなデータは、ハーブとアロマの専門店「生活の木」の
カタログを参照させていただきました。
「生活の木」は、豊富な知識と安心できる品質で
わたしも大変愛用させていただいているお店です。


(1)精油の種類


一口にラベンダーの精油といってもいろいろ種類があります。
香りも実にさまざま。

効能にそれほどこだわらなければ、香りを試してみて
好みの香りの精油を選べばいいと思います。

【アングスティフォリア系(真正ラベンダー)】

フランス産・・・プロヴァンスで生産されるラベンダーの王様
           不動の人気を誇ります
           もっともラベンダーらしい典型的なフローラルな香り

ブルガリア産・・・やや丸みのある優しいフローラルな香り

タスマニア産・・・やや深みのある気品溢れるフローラルの香り
  (オーストラリア原産)

ポピュレーション・・・爽やかでしみとおるようなラベンダーの香り
  (フランス原産)   種から育てたその年限定の希少なラベンダー 

有機ワイルド・・・標高1000mを越える山の中で育った、凛と香る野生のラベンダー
            深みのある華やかな香り
              ※限定生産品

【ラバンディン系】  ※すべてフランス原産

アブリアリス・・・スパイクラベンダーに似たほのかにカンファー臭(樟脳のような香り)
            のあるシャープな香り

グロッソ・・・ラベンダーをよりシャープにしたようなフレッシュな香り

スタンダード・・・スパイクラベンダーに似たカンファー臭の強い香り

スーパー・・・スパイクラベンダーに似たとても芳醇な香り

【スパイクラベンダー】

ラベンダーよりもくっきりしてさらにフレッシュな香り

わたしの一番のおすすめは
フランス産真正ラベンダーの有機精油
ほかのもいろいろ試してみましたが
やはりこの香りが一番好きでした。   


エッセンシャルオイル


(2)精油の効能


真正ラベンダーとラバンディン・スタンダードで比べてみました。

真正ラベンダー

ストレス、リラックス、安眠、風邪・熱、咳・鼻づまり、肩こり
夏バテ、冷え性乗り物酔い、生理不順、生理痛
にきび、肌の乾燥、消臭、目のつかれ、防虫、デトックス、幸せを感じたい時

ラバンディン・スタンダード

ストレス、リラックス、安眠、風邪・熱、咳・鼻づまり、肩こり

真正ラベンダーの圧勝です。
万能精油」といわれるわけです。

不眠や頭痛に効果があるのは酢酸リナリルの鎮静作用
酢酸リナリルの含有量が効能を左右します。

本物の真生ラベンダー精油とは
“酢酸リナリルが35%以上含まれていること”

これを目安にするとよいでしょう。


(3)成分比較

芳香成分真正ラベンダー有機ラバンディンスーパー
α-ピネンND0.49
リモネンND0.77
TRANS-オシメン2.50ND
1.8-シオネール0.903.23
リナロール30.3033.79
テルピネン-4-オール2.300.9
α-テルピネオール0.960.07
酢酸リナリル39.0033.97
酢酸ラバンデュリル2.300.92
3-オクタノン0.80ND
カンファー0.455.82

※有機ラバンディン・スーパー
パリで買った有機精油Lavandin super/Lavandula burnatii
真正ラベンダーとスパイクラベンダーの自然交配種です



ラバンディンは、やはり酢酸リナリルの含有量
“本物の”真正ラベンダーの基準といわれる35%より下回っていますが、
33.97%、約34%と、目安の35%よりわずかに下回る程度なので
ラバンディンにしてはかなり高い値だと思います。

注目は樟脳のような香りの成分であるカンファーの含有量の違い。

真正ラベダーが0.45に対して有機ラバンディン・スーパーは5.82。
その差、なんと約13倍

香りを比べてみると、たしかにラバンディンの方が
ちょっと刺激の強い樟脳のようなツーンとした香りがします。
真正ラベダーのほうはまろやかで丸い感じです。

でも、ラバンディンの方も真正ラベダーよりは刺激臭はやや強いですが
花の香りを損なうほどではなく、むしろ真正ラベダーの香りを
もう少しシャープにくっきりとさせたような感じです。

真正ラベダーよりもちょっと攻撃的?という感じでしょうか。

1種類だとなかなかわからなかったりしますが
比べてみるとその香りの違いがよくわかります。

真正ラベンダーとラバンディン
ほかの品種と比べたらそれほど香りに違いはない方ですが
こうして比べてみると、なるほど、確かに違うものです・・・

あとは好みになると思いますが、
両者を比べた感じでは、わたしはやはり
まろやかで品があって、包みこむような香りの真正ラベンダーのほうが
好きですね~^^

真正ラベンダーVSラバンディン
総合的にみて、真正ラベダーに軍配です。
関連記事

| 精油とは? | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://lavandeprovence.blog.fc2.com/tb.php/28-978bfb9d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。